給食をあまり食べない子の栄養は大丈夫?【2021年10月】

給食をあまり食べない子の栄養は大丈夫?サムネイル画像 未分類

毎月、先生のための給食指導に関する情報を、分かりやすく1枚の資料にまとめ、文章でも詳しくお届けします。

資料はご自由に印刷していただいて構いません。小中学校・保育所での給食指導、クラス担任を持つ先生へ配布する資料としてご活用できます。また、新任の先生や職員室内・職員会議にて、全職員に回覧していただくことで、組織全体の業務改善・トラブル回避にもつながります。(資料のダウンロードリンクは記事目次のすぐ下にあります。)

今月は「給食をあまり食べない子の栄養は大丈夫?」をテーマにして、指導のポイントについてをお届けします。

あまり食べなくても元気な子も

給食をあまり食べない子の栄養は大丈夫?イラスト付き資料
「給食をあまり食べない子の栄養は大丈夫?」のPDFはこちら(右クリックで保存できます)

研修会などで「給食をあまり食べない子の栄養が心配なので、頑張って食べさせた方が良いのでしょうか?」という質問が届くことがあります。たしかに、小食・偏食などで給食をあまり食べない子に対して、栄養面が心配になる場合も多いと思います。

しかし、ここで注意したいのは、給食時間の残食の多さだけで「栄養不足」と判断し、たくさん食べるようにプレッシャーをかけ過ぎてしまい、結果的に給食時間が苦痛になってしまうことです。

家庭等での食事を含めると充分に栄養摂取ができているかもしれないですし、栄養の摂取状況は人それぞれ違います。同じくらいの年齢の子に比べてあまり食べなくても、毎日元気に過ごせる子がいることも知っておきましょう。

何を基準に栄養不足を判断したらいい?

『日本人の食事摂取基準(2020年版)』(厚生労働省)等を参考にすると、子どものエネルギーの過不足については「成長曲線の推移」を用いて評価することが推奨されています。具体的には、成長曲線のカーブに沿って、緩やかに身長・体重の伸びが見られたら問題はありません。

成長曲線のイメージ図(栄養不足の判断)
そもそも発育は個人差があるものです。同じくらいの年齢の子と比べあまり食べないからといって、一概に栄養不足と判断しないように注意しましょう。

推定エネルギー必要量の注意点

また『日本人の食事摂取基準(2020年版)』(厚生労働省)では、推定エネルギー必要量(kacl/日)の参考表というものがあります。

これを見ると、たとえば3〜5歳の男の子の推定エネルギー必要量は、1,300(kacl/日)と表記があります。

出典:日本人の食事摂取基準(2020年版)(概要)

ここで間違って認識してしまいやすい注意点があります。それはたとえば「3〜5歳の男の子は1,300kaclを”毎日取らなければいけない”」と認識してしまうことです。しかし、この認識の仕方は正しくありません。

「食事摂取基準」は英語では「Dietary Reference Intakes(DRIs)」と呼ばれています。

これらはそれぞれ

  • Dietary=食事の
  • Reference=参照(照らし合わせてみる)
  • Intakes=摂取

という意味であり、あくまで参照にする値なのです。絶対に守るべき基準値というわけではありませんので注意しましょう。

苦手なものは匂いをかぐところから!

最後に『食に関する指導の手引-第二次改訂版-』(文部科学省)から引用すると、

該当児童生徒の達成感や自信につながるよう、まずは苦手な食品の匂いをかぐだけ、ごく少量を食べてみるなど、偏食の原因を軽減するための取組を段階的に行います。学級担任や栄養教諭は、児童生徒の努力を認め偏食改善への意欲をもてるよう留意します。

とあります。

苦手な食べ物に対しては、匂いをかぐだけでも大切な1つのステップです。
食べない子が食べられるまでのステップの解説図

一人一人の性質に合わせて、無理させず少しずつ食を広げていきましょう。子どもが工夫については「食べない子になんて声をかけたらいい?」を一度読んでみることをお勧めします。

最後に

今日は「給食をあまり食べない子の栄養は大丈夫?」をテーマにお伝えしました。

給食における残食は子どもを怒るためのものでもなければ、ご自身のお仕事や指導成果の絶対的な評価になるものでもなく、子どもが食べない理由を考察するとても大切な材料です。こちらについては以前「子どもが給食を食べられない3つの理由」の資料と解説記事にてお伝えしていますので、そちらもぜひご一読ください。

参考文献:

  1. 厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2020年版)」
  2. 文部科学省「食に関する指導の手引-第二次改訂版-」
  3. 香川明夫監修(2021)『八訂 食品成分表 2021』女子栄養大学出版部

▼合わせて読みたい

給食を全部食べないとデザート無し?かけひき指導について【2021年8月】
「全部食べないとデザートなし!」などの給食指導がありますが、果たしてこれは良い指導なのでしょうか?メリットやデメリット指導方法をまとめました。
子どもが食事を吐き出したらどうする?【2021年9月】
子どもが食事中に食べ物を吐き出してしまう時に、やった方が良いこと・やらない方が良いことについて、イラスト付き資料でわかりやすく解説しています。

※資料の使用について※
イラスト付き資料は、印刷なども含めてご自由に使用することができます。クラス担任を持つ先生に配布する資料としてご活用ください。また、職員室や職員会議にて全職員に回覧してください。業務改善にもつながります。

※研修会の講師依頼はこちら※
保育士向け・栄養士向け・保育施設や学校法人向けに「給食指導」の領域で講演、研修を承っています。オンライン・オフラインともに対応。ご相談はこちらから

本記事の担当編集者
山口 健太

『月刊給食指導研修資料|きゅうけん』 編集長
株式会社日本教育資料 代表取締役
一般社団法人日本会食恐怖症克服支援協会 代表理事

岩手県盛岡市出身。学生時に「会食恐怖症」を発症し、他人と食事ができなくなった経験を持つ。その中で「食べられない」ことへの適切な対応や支援が、子どもたちと関わる教育者に広まっていないことを痛感。メディア「月刊給食指導研修資料|きゅうけん」を立ち上げ「楽しく食べることが、社会の幸せを作る」という思いで活動している。著書に『食べない子が変わる魔法の言葉』(辰巳出版)ほか数冊。

山口 健太をフォローする
イラスト付き資料の一括DLはこちら
きゅうけんで毎月発刊している、イラスト付き資料を一括で閲覧・ダウンロード出来るようになりました!
一般公開講座「食べない子の支援と対応の基礎」
もうすぐ受講者100名!公開講座も配信しています。
『きゅうけん』の最新の活動情報をお届けします
公式LINEアカウントにて「きゅうけん」の最新情報をお伝えしています!


  • 記事更新の通知
  • イベントのお知らせ
  • 限定コンテンツの配信

などをお届けできれば考えています!


また『きゅうけん』についての感想や、応援のメッセージなども受け付けております!

「こういったコンテンツを作って欲しい!」

などの要望も、本アカウントにメッセージいただければ、編集部に直接届きますので気軽に送っていただければ幸いです!
未分類
SNSでシェアする
きゅうけん|月刊給食指導研修資料